所沢市、チマちゃん天国へ

先日、所沢市のTさん宅のチマちゃんのお旅立ちのお手伝いをさせて頂きました。

チマちゃんは18才の男の子のねこちゃん、Tさん宅の娘さんが迷いねこのチマちゃんのお母さんを保護をしてTさん宅でチマちゃんを産みました。へその緒がまだ付いている時から愛情いっぱいに育て沢山の思い出を一緒に作りました。

お旅立ちの日は、娘さんがお仕事の為、夕方のお迎えになりました。多分、仕事も手に付かないぐらいショックだったと思います。

帰宅後すぐに娘さんが、一人にして「ごめんね」と抱き寄せる姿に胸が痛くなりました。

Tさん宅には、3匹のねこちゃんがいて、今年の初めにチマちゃんと一緒に暮らしていたねこちゃんが旅立たれたそうです。

先に旅立たれたねこちゃんが寂しく無いように、やさしいチマちゃんが後を追いかけて行ったような気がします。

チマちゃん天国で安らかにお眠りください。

  

保護ねこセンター

先日、旅立ちのお手伝いをさせて頂いた、東久留米市のYさんからお預かりしたねこちゃんのご飯やおやつを西国分寺にある保護ねこシェルターへ寄付させて頂きました。

施設には沢山のねこちゃんが新しいお家を待っていて、新しい家族が決まるまでボランティアの人に大事に育てられています。

お伺いした日が日曜日だったので沢山の方がねこちゃんを見に来ていて、その日も一組の家族の方がねこちゃんを引き取り新しい家族の一員になりました。

Yさんのように保護ねこを愛情いっぱいに育てている方が他にもいると思うと保護ねこも減ってくると思います。

ペットハースへぶんはこれからも保護ねこ0運動に協力していきたいと思います。

     

温かいご家族のもとから

先日、東久留米市のYさん宅のペルシャ猫、らもちゃんのお旅立ちのお手伝いをさせて頂きました。

以前は、埼玉県の新座市に住んでいたYさんが保護ねこセンターで引き取られ、新しく家族になった、らもちゃんは19歳の女の子、毛がとても長くサッカー選手のラモスさんに似ていることから、らもちゃんになったそうです。

らもちゃんは冒険好きなのですが、迷子になってしまうことがある、お茶目な女の子、去年の暮れに東久留米市にご家族で越して来てからはお家でのんびり過ごしていました。お気に入りの場所は旦那様の書斎の下や眺めの良いリビング。

リビングから覗くとお外には栗の木や綺麗な花壇と4月には黄色い綺麗な花が咲く大きな桜の木があり奥様と眺めていたそうです。

帰る間際にYさんから、ねこちゃんのご飯とおやつを頂きました。とても心の優しいYさん宅に迎えられたらもちゃんは幸せな一生を過ごせたとおもいます。

頂いたねこちゃんのご飯とおやつを後日、保護ねこセンターに寄付させて頂きたいと思います。

  

シュシュちゃん天国へ

先日、以前勤めていた葬儀関係の仕事でとてもお世話になった西東京市の葬儀屋さんの社員の方から自宅で一緒に暮らしているプレーリードッグのシュシュちゃんが永眠したと連絡がありました。

娘さんがとても可愛がっていたので、ゆっくりとお別れがしたいとの事なので3日間ご自宅で家族とシュシュちゃんの兄弟と共に過ごされました。

お旅立ち当日、シュシュちゃんを見たらディズニーアニメに出てくるような可愛らしい、ちいさな家族。

お別れの際には、沢山のお花と大好きだったご飯とおやつを娘さんがバスケットに入れてあげてました。

とてもみんなから愛されていたシュシュちゃん安らかにお眠りください。

ミーちゃんありがとう

先日、立川市のМさん宅のミーちゃんの旅立ちのお手伝いをさせて頂きました。

ミーちゃんは、21年Мさん家族と一緒に過ごされてみんなに笑顔をくれた、ねこちゃん。

お旅立ちの前日に家族みんなが集まって大好きなおやつや、ごはんなどをお供えしてのお見送り、お旅立ち当日も、家族全員で「ありがとう」の感謝の気持ちと共にお見送りをされました。

ご収骨後も小さくなったミーちゃんをギュッと抱きしめている家族の姿にミーちゃんは幸せで温かい家族の一員だったと思います。

ミーちゃん天国で安らかにお眠りください。

ピースちゃん天国へ

先日、小平市のKさん宅のヨークシャーテリアのピースちゃんのお旅立ちのお手伝いをさせて頂きました。

ピースちゃんは12歳の女の子とても小さくて愛くるしいワンちゃん、Kさん宅は、2世帯住宅で家族全員に可愛がられていたマスコット犬。

自宅でお父様が療養中でもおきあがってピースちゃんと最後のお別れで頭を撫でている姿に胸が痛くなりました。

家族みんなに元気を与えてくれていたピースちゃんをへぶん号にお乗せする時に偶然にもワンちゃん友達にも合いご近所の方ともお別れができたのはピースちゃんの優しさが呼んだのだと思います。

ピースちゃん天国で安らかにお眠りください。

 

ろろちゃん天国へ

先日、立川市のIさん宅のミニチュアダックスのろろちゃんの旅立ちのお手伝いをさせていただきました。

ろろちゃんのお家はとてもお洒落でとても礼儀の良い娘さんのお姉ちゃんとして14才で天国へ旅立たれました。

お旅立ちの際には、沢山のお花とお気に入りのお洋服でのお別れ、へぶん号に乗せるときに娘さんのサヨナラの声に胸が痛くなりました。

ろろちゃんがご自宅に帰られた際にゆっくり休めるように新しいお家も用意されてろろちゃんも幸せに天国で暮らせると思います。

ろろちゃん安らかにお眠りください。

   

ママちゃん天国へ

先日、小平市のHさん宅の猫のママちゃんのお旅立ちのお手伝いをさせていただきました。

ママちゃんは、19年前にご自宅裏の物置のそばで生まれ、泣き声に気付いたHさんに引き取られ愛情いっぱいに育てられました。お家のお庭には沢山のねこちゃんが、集まりご近所の方とお世話をしているそうです。

お旅立ち当日も沢山のねこちゃんが、お庭に来てまるでママちゃんにお別れを言いに来ているようでした。

ご出棺の際には沢山のねこちゃんとご近所の方に見送られての旅立ちに皆さんに愛されてるママちゃんは幸せだったと思います。

ママちゃん天国で安らかにお眠りください。

シンバちゃんキングのもとへ

先日、小平市のKさん宅のグレートデンのシンバちゃんのご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

シンバちゃんのお旅立ちには、沢山の家族や友人、ワンちゃんにお見送られて天国へ旅立ちました。

シンバちゃんは5歳とても若いワンちゃん、病気と闘っていたのですが、一緒に暮らしていたお兄さん犬ドーベルマンのキングちゃんが3月に旅立たれ後を追いかけるように天国へ、キングちゃんが元気な頃は、病気だったシンバちゃんを慰め、キングちゃんが旅立たれたら寂しく無いように後を追いかけたように思います。

きっと天国で楽しく走り回っているような気がします。

シンバちゃん、キングちゃん安らかにお眠りください。

 

お散歩の途中

連日の急激な暑さで、ペットハースへぶんの看板犬も日が出ている時のお散歩はパス、アスファルトも熱く火傷をするワンちゃんもいるみたいなので、お散歩にお出かけのさいは、お気を付けください。

昨日、日が暮れてからのお散歩で、お家の近所に季節を少し間違えた生き物がいました。

家族に見せて自然の中に返しました。夏はこれから、自然の中でがんばって。